優良な業者を選ぶ

蜂の巣

ハチの巣駆除の業者は数多く、中には悪質な業者もあります。アシナガバチの巣の駆除は、平均して1〜2万円くらいが相場になっています。これより大幅に高い金額を請求された場合には契約しないほうが無難です。また口コミサイトは業者の評判を知る目安になります。

詳しく見る

スタッフが現地調査を行う

南京虫

南京虫はトコジラミとも呼ばれており、吸血性の昆虫なので被害に遭うと、強い痒みや腫れ、痛みなどを伴うのが特徴です。専門業者のスタッフに依頼すると、粉末やスプレータイプの薬剤やスチームクリーナーを使って、南京虫駆除をしてくれます。

詳しく見る

現地調査をしてもらおう

害虫駆除

シロアリは軒下やお風呂場などの、暗くて湿気の多い場所の生息をするので、羽アリを発見することがあります。羽アリを発見したら、住宅に巣が作られている可能性がるので、専門業者に依頼して駆除をしてもらいましょう。

詳しく見る

ネットを使って鳩を防ぐ

ハト

鳩の駆除はなかなか難しいですが、鳩ネットを利用すると高い確率で鳩駆除に成功します。鳩ネットは専用の物以外にも、園芸用や作業用でも代用できます。施工はDIYでも出来ますが、高所作業などでは危険も伴うので業者に任せるようにしてください。

詳しく見る

費用の相場

作業員

一般的にアシナガバチの巣の駆除の費用相場は、スズメバチやミツバチと比べて安く設定されています。費用の内訳は基本料金とオプション料金の合計であり、時期によっても費用は変動します。概ねアシナガバチの巣1個当たり、1〜2万円くらいととらえておきましょう。

詳しく見る

不快な野鳥を追い払おう

ハト

野鳥を安全に追い払う方法

鳩は日本中に生息する野鳥として馴染み深い動物ですが、その一方で大量の糞をまき散らして辺りを汚損させる害獣としての側面もあります。特に住宅の庭やベランダなどが糞で汚されると悪臭や害虫が発生する他、糞に含まれている細菌による感染症に罹患するおそれもあります。鳩は無許可で駆除することは出来ないので、敷地内を鳩の被害から守るためには鳩ネットによる防除を行うのが最も効果的です。鳩ネットは鳩をはじめとする野鳥の飛来を防ぐ効果がある遮蔽物の一種です。建物のベランダや庭木の間などに張ることで鳩の進行を阻害し、敷地内に入り込むのを防ぐことが出来ます。鳩ネットは鳩などの野鳥が入り込まない程度の大きさで網が組まれているので通気性が損なわれる心配がありません。また、捕獲用のテグスとは異なり、野鳥の羽に絡まることもないので誤って殺傷してしまうリスクも無いのが使い勝手の良さに繋がっています。鳩ネットは様々なサイズの精神が市販されているので、用途に応じて使い分けることが出来ます。鳩の飛来を防ぐためにはわずかなすき間も出来ないようにネットを張る必要があるので、ベランダなどに用いる際は実寸よりも少し大き目な製品を選ぶのが賢明です。また、害獣駆除業者に鳩ネットの設置を依頼する方法もありますが、ネットの寸法や張り付ける場所の高さなどで作業費用が変わります。事前の見積もりを必ず行ったうえで、丁寧に作業を行う誠実な業者を選ぶのが鳩の被害が無い、快適な暮らしを営むための条件です。