ネットを使って鳩を防ぐ

ハト

効果が出やすい

公園などで身近な鳩ですが、自宅の庭木やベランダなどで巣作りをされると、大きな問題が発生します。鳴き声による騒音や、糞による汚れや異臭、果ては病原菌の媒介など、百害あって一利なしです。元々人によく馴れた鳥なので、ちょっと脅かしたくらいでは撃退する事は難しいです。市販されている鳩駆除用のグッズもありますが、被害の少ないうちはともかく、鳩が居ついてしまった状態ではなかなか効果が出ずらいものです。ただ鳩駆除用のグッズの中でも、鳩ネットは非常に効果が期待できておすすめです。鳩ネットはいわゆる網で、材質としては主に合成樹脂製で、軽くて丈夫なのが特徴です。この鳩ネットを鳩が飛来する場所を覆うように張る事によって、鳩の侵入をブロックする事が出来ます。ベランダや軒下など、開口部分が限られている事が施工の条件になりますが、物理的に鳩を妨害できるので効果が目に見えて現れるメリットがあります。また一度施工してしまえば、ネットが破れてしまうまで効果が永続的に続くのも、鳩ネットの魅力です。鳩ネットは専用のもの以外に、ホームセンターなどで売られている作業用や園芸用のネットも代用できます。色としては建物の美観に影響するので、透明な物や黒色が使いやすいです。また網の目が大きすぎると鳩が通り抜けてしまうので、網目は小さい方が好ましいです。施工についてはベランダ程度であればDIYで出来ますが、高所作業などが必要な場合にはプロに施工してもらうのがベストです。鳩駆除業者の他、予めネットを用意していれば工務店やリフォーム業者等にも施工を任せることが出来ます。